わきが対策のデオドラントジェル海露

変温人間について

ネットでのご注文

Dr,Yさんとの会話:変温人間とは?

Dr、Y
ワキガで悩んでおられるとき、できるだけ汗をかかないでおこう、そして汗をとても嫌っていたんじゃないですか?


はい、やはり汗はワキガの基ですし大嫌いでした。

Dr、Y
もちろん、ワキガの方や、汗かき(多汗症)の方は、汗大好きという 人はいないと思いますが、そもそもその考えがまちがいなのです。
近年、クーラーの普及などで快適にすごせるようになりました。
その反面、貴重な汗腺の働きが弱まっているんですね!
特に、子供さんに多くて、気温と一緒に体温まで下がってしまう子供さんが増えているんです。
つまり、自分自身で体温の調整ができなくなっているということです。


先生、そうなるとどうなってしまうんですか?

Dr、Y
私たちにとって汗はとても大切なものなんです。
一つは、汗を出すことで体温を一定に保つ大切な役割をしているんです。
もう一つは、汗が老廃物を排出してくれることです。
特に、汗腺が出来上がるのが三歳ごろまでなので、暑いのがかわいそうといって、一日中クーラーの効いた部屋で寝かせています。
すると、汗腺が未発達のままで、体温調節の下手な変温人間になってしまうということです。
つまり、ヘビやカエルのように周囲の温度につれて体温が上下してしまうということなんです。
汗をかけない状態とは、体内の熱が行き場をなくしてオーバーヒートしてしまうという危険な状態になります。


そうなんですか・・・
汗は大嫌いでしたけど、汗も大切なんですね!

Dr、Y
子供たちの汗腺の機能低下や、最近特に増えてきた、熱中症、秋バテ、冷房病、冷え性なども、このクーラーのおかげで体温の調整ができなくなってしまったのです。
冷えによる血のめぐりが原因なんです。
クーラーの効いた部屋と、アスファルトで焼けた街を往復するうちに、汗腺自体がどうしていいのかわからなくなり、自律神経まで乱れてしまうのです。
その為、頭痛、肩こり、しびれ、のぼせ、胃痛、腰痛、吐き気、下痢、と不快症状のオンパレードです。


先生、汗をかくことはとても大切なのはわかったのですが、どうしてもワキガはいやですよ・・・

Dr、Y
そうですね。
では、そのワキガ臭についてちょっとお話しましょう。
実は、欧米人の80%はワキガ臭で、特に黒人は100%といわれているんです。
周りがみんなワキガなのですから、気にする必要もないのです。

   
え~ そうなんですか?

Dr、Y
これに対し、日本人のワキガ体質は、約10%といわれ、これではワキガの人は目立ちます。
みんな臭わないのに自分だけが臭う・・・・
そういうことが、必然的に多くなり悩んでしまうということなんですよね。


そうなんです、先生。
ちょっと汗をかいただけで、もう気になって仕方ないんです。
周りのことが気になったり、人混みをさけたり、すべてに消極的になっちゃうんです。
むしろ、わたしの場合、夏場よりも冬の方が気になったんですね。
寒い時期でも汗をかいていましたし、冬でも臭っていたんです。

Dr、Y
その気持ちは良くわかりますよ!
特に最近は、無臭志向とか、異常なまでの清潔志向、汗をジャマもの扱いにする無汗志向へと流れていますよね・・・
「 加齢臭 」とか「 おやじ臭 」などとあおりますよね!
誰もが、夏場は普段よりは汗をかくし、汗臭いのは同じなんですが、寒い時期のワキガ臭は、逆につらいかもしれませんね!
それに、糖尿病と同じようにワキガの方も最近とくに増えているといわれています。
汗をかかない風習と、かけない環境は決してよいことではありません。


では先生、汗と、どうつき合えばいいのですか?

Dr、Y
クーラーなどの普及や、汗をかかないようにつとめることで、汗腺が にぶり、自らの体温を調整できない変温人間になるといいました。
つまり、汗の代謝が悪くなると汗の質も悪くなり、ベタベタとした汗になることでワキガをより悪化させてしまいます。
汗を抑えるのではなく、汗をかくことで代謝を良くしサラサラとした汗にかえることです。
ワキガ克服の第一歩は汗の質を改善することです。

では、汗の改善とはどういうことでしょうか?


≫良い汗と悪い汗とは?
お客様のプライバシー個人情報は固くお守りをいたします。ネットでのご注文